☆ ネ ッ ト で D V D レ ン タ ル ! ☆ T S U T A Y A  D I S C A S ☆ 5点★★★★★:映画ランキング★映画鑑賞ランキング記

5点★★★★★

評価 ★★★★★
遊星からの物体X ファーストコンタクト ちらし遊星からの物体X ファーストコンタクト チラシ














映画 遊星からの物体X ファーストコンタクト公式サイト

■ 映画遊星からの物体X ファーストコンタクトのあらすじ
  ネタバレもあるので、ご注意を...。
南極のノルウェー観測基地の隊員が謎の電波を追って、
調査をしていたら、氷の中に巨大な円盤と
円盤に乗っていたと思われるエイリアンを死骸を発見する。

考古生物学者のケイトは、ハルバソン博士に誘われ、
調査に同行する。

エイリアンの死骸から摂取した細胞のサンプルから判明した驚愕の事実。

エイリアンは、他の生物そっくりに擬態するのだ。

そんな中、死んだと思われていたエイリアンが氷塊の中から逃げ出す。
遊星からの物体X ファーストコンタクト 画像1






観測隊員達になりすましたエイリアンが襲い掛かり、
観測隊員達は次々と殺されていく。
遊星からの物体X ファーストコンタクト 画像2






火炎放射を武器に反撃を返したケイトは、逃げ出したハルバソン博士に
なりすましたエイリアンを
これ以上、『犠牲者を増やしてはいけない』と追いかけていく。

エイリアンが逃げ出した先、そこはエイリアンの円盤だった。

円盤の中に入ったケイトに、エイリアンが襲い掛かってくる...。

出演:メアリー・エリザベス・ウィンステッドさん 
   ジョエル・エドガートンさん他
   
エンドスタッフロール中の話 :有
――――――――
1982年公開のSFホラー映画 遊星からの物体Xのきっかけとなった
ノルウェー基地で何が起こったかを題材にした話となっています。

変にひっぱらずに、次々と隊員達が犠牲になっていく
テンポの早い展開がとても良かったです。

またエイリアンのおぞましい変形シーンもあの独特の変形シーンの
効果音も迫力があって、とても良かったです。

1982年に公開された遊星からの物体Xの負けないほどの
ドキドキと最後のオチは秀逸でした。

スタッフロール中に流れる展開は、本作 遊星からの物体Xを
観た人には、判る展開なのですが、
観ていない人が多かったのでしょうか。

なんだあの展開、よくわからんと言っている人が多かったのが
ちょっと残念でした。

ちなみに本作では、犬のなりすましたエイリアンが
ノルウェー隊員に追いかけられ、何も知らないアメリカ観測基地に
保護されるというところから、話が始まります。

上映館が少ないこともあって、殆どの席が埋まるほど、
たくさんの方が観に来ていたので、観たいと思われる方は
早めに映画館へ行かれるか事前予約をした方が無難かもしれません。




映画タイトル マ行

評価 ★★★★★
ムカデ人間2 チラシムカデ人間2 ちらし














映画 ムカデ人間2公式サイト

■ 映画ムカデ人間2のあらすじ
  ネタバレもあるので、ご注意を...。
人の肛門に別の人間の口をつなぎ、その別の人間の
肛門にまた別の人間を口をつないで、作るムカデ人間...。

ぜんそくを持ち、精神障害者のマーティン。

ムカデ人間の映画に夢中になっていたマーティンは、
いつしか映画のように自分でムカデ人間を作りたいと
思うようになっていた。

マーティンは、ムカデ人間を作るため、
自分が警備員をしている地下鉄駐車場で、
利用客を次と拉致をしていく。

そしてタランティーノの映画のオーディションがあると
偽って、ムカデ人間に出演していた
アシュリン・イェニーまでもおびきよせ、拉致をする。

イェニーを含め、若い男女、妊婦、クレームをつける中年男、
若い女性ふたりなど目標を12人を集めたマーティンは、
ムカデ人間を作り始める...。


出演:ローレンス・R・ハーヴェイさん
   アシュリン・イェニーさん他
   
エンドスタッフロール後の話 :無
――――――――
映画が面白いかというと決して面白いとは思いません。

ただエゲツなさでは、私が観た映画の中では、この作品が
ダントツで一番です。

よくこんな映画の上映が許可されたなあって思います。

前作のムカデ人間の主人公は、医者だったので、
ムカデ人間と作る時も麻酔をかけて、犠牲者が痛くないようにしたり、
健康に気を使ったりしていましたが、
今回の主人公は、医学の知識もないので、
麻酔のかわりに、バーベルでなぐって気絶させ、
ハンマーで、歯を直接なぐって、抜いたり、
脚の腱を、ナイフでえぐって切ったり、舌を抜いたりと
もうひどいのなんの普通の人は直視に耐えれないかもしれません。

あげくの果てには
バーベルで、頭をえぐった母親を席に座らせ、一緒に食事をさせたり、
下剤を拉致してきた人たちにうって、強制的に排泄させたり、
お尻の穴に生きたムカデを入れたり、
逃げるために生まれたばかりの赤ちゃんごと、アクセル踏んだり...。

白黒の映像がさらに想像力をかきたてられました。

衝撃映像に耐性があるならいいですが、そうでないなら
やめておいた方がいいですよ!

私の観ていた時も
えずいている人がいたり、何人かは映画館を出ていってしまいました。

カップルで観に行くなんてとんでもないです!!

知らない人を誘っても、誘った人からかなり非難を浴びせられるかも
しれないので、気をつけて!


前作 ムカデ人間の記事



記事検索
プロフィール
ご訪問者様累計数
運営ポリシー
コメント、トラックバック大歓迎です!
各映画の評価については、
★の数で表記してます。
★★★★★
 映像も話も最高!文句なしに面白い
★★★★☆
 映像もしくは話がとてもよかった
★★★☆☆
 映像もしくは話がそこそこよかった
★★☆☆☆
 映像も話もいまいちでした
★☆☆☆☆
 最後まで観るのがつらく、つまらない