☆ ネ ッ ト で D V D レ ン タ ル ! ☆ T S U T A Y A  D I S C A S ☆ 映画タイトル ナ行:映画ランキング★映画鑑賞ランキング記

映画タイトル ナ行

評価 ★★★☆☆
映画ナイトミュージアム2映画ナイトミュージアム2










映画ナイトミュージアム2公式サイト

■ 映画ナイトミュージアム2のあらすじ
  ネタバレもあるので、ご注意を...。
ニューヨークの自然史博物館がリニューアルのため、
古い展示物を世界最大の博物館スミソニアンの倉庫へ
移送されることになった。

ところがあの展示物を生き返らせる魔法の石版までが
スミソニアンに移送されてしまったことで
博物館スミソニアンの展示物が次々と生き返ってしまい、
大変なことに...。

ジェデダイアからの緊急の連絡を受けたラリーは、
事態を収拾するためにスミソニアン博物館にむかうが
そこには魔法の石版を使って自分の軍隊を蘇らせようとしている
古代のエジプト王カームンラーがいて、
事態はさらに悪化していた。

ジェデダイアをカームンラーに人質にとられたハリーは、
ジェデダイアとの交感条件として、
魔法の石版の暗証番号を解くように言われる。

魔法の石版の力で蘇ったアメリア・イアハートの協力のもと、
暗証番号を解明しようとするハリーだが...

出演:ベン・スティラーさん エイミー・アダムスさん他
――――――――
映画ナイトミュージアム2の映画試写会にいってきました。

うーん、映像もカラフルタッチがとても綺麗で、
動かないはずの展示物が動くネタを使ったギャグも
前作と同じくらいクオリティなのでそこそこ面白いのですが、
新鮮味なく、前作を見たときほど面白いと感じることが出来ませんでした(><)

ナイトミュージアムを初めてみたとき、動かないはずの展示物が
繰り広げるコメディやギャグがとても新鮮で面白かったのですが、
今回で同じようなギャグを見るのは二度目ということもあって
ちょっと物足りない感じがしました。

そういうこともあってか前作のナイトミュージアムを観たと
思われる方は思ったより面白くなかったとかつまらなかったという
意見が多かったです。

逆に今回、初めてナイトミュージアムを観たと思われる方は
すごく面白かったみたいで、笑っている方が多かったです。

もう一工夫、前作と違う何かがあるとよかったんですけどね
世界最大の博物館という設定なのに、博物館の中で話が
終わってしまってしまい、世界最大の博物館という設定が生かされて
いないのもちょっと残念です。
映画ナイトミュージアム2映画ナイトミュージアム2















映画タイトル ナ行

評価 ★★★★☆
映画ノウイング映画ノウイング2










映画ノウイング公式サイト

■ 映画ノウイングのあらすじ
  ネタバレもあるので、ご注意を...。
MIT宇宙物理学者ジョン(ニコラス・ケイジさん)の息子ケイレブが
通う学校に埋められていた50年前のタイプカプセルから
奇妙な数字の羅列の書かれた手紙が出てきた。

なぜか気になったジョンが、その手紙に書かれてある数字を
調べていくうちの驚愕の事実が判明する。

その数字は、過去に起きたあらゆる大惨事の発生した日付と犠牲者数と
一致していた。
そしてこれから先の日付もそこには記載されていた。
『もしこれが予言なら大変なことになる。』
ジョンは友人の学者フィルに相談するが単なる偶然だと
フィルは言うのだった。

しかしその手紙に書かれたいた日付の日、飛行機の墜落事故が発生し、
その手紙に書かれていた通り、81人の犠牲者が出る。

なんとか次の予言の日の犠牲を食い止めようとその手紙に書かれていた
場所にジョンは向かうが、結局、現実のものとなり、たくさんの犠牲者が
出るのだった。

そしてその手紙に書かれている最後の数字。

なんとかしようとその手紙を書いたルジアダの調査をするジョン。

そして調査を進めていくうちにさらなら驚愕の事実をしる。

手紙に書かれている最後の数字。
それは全人類が死滅する日付を示すものだった。

出演:ニコラス・ケイジさん チャンドラー・カンタベリさん
   ララ・ロビンソンさん他
――――――――
映画ノウイングを観にいってきました。

あまり話題になっていない本作品ですが、思っていた以上に
面白かったです。

ただ映画館は話題になると思ったのでしょうか。
ノウイングは、混雑が予想されるため、招待券は使えませんと
書いてあったのですが、映画館の方はというと
ガラガラでした(><)。
※ROOKIESの方はいまだに満杯でした。

予言の数字とかはちょっと現実ばなれしすぎて、設定がしっくりきません
でしたが、人類が絶滅する理由とかは、現実に起こりうる可能性が
高いものだったこともあり、ちょっと怖いなあって感じました。

これからどうなるんだろうと先が読めない展開の話だったこともあり、
最後までハラハラとした感じでとても面白かったです。

映像もとても丁寧に作られている感じですごく綺麗でした。

それにしてもニコラス・ケイジさんの出演されている映画、
なかなか秀作が多いのになぜなかなかヒットしないんでしょうか(><)



記事検索
プロフィール
ご訪問者様累計数
運営ポリシー
コメント、トラックバック大歓迎です!
各映画の評価については、
★の数で表記してます。
★★★★★
 映像も話も最高!文句なしに面白い
★★★★☆
 映像もしくは話がとてもよかった
★★★☆☆
 映像もしくは話がそこそこよかった
★★☆☆☆
 映像も話もいまいちでした
★☆☆☆☆
 最後まで観るのがつらく、つまらない