☆ ネ ッ ト で D V D レ ン タ ル ! ☆ T S U T A Y A  D I S C A S ☆ 映画タイトル マ行:映画ランキング★映画鑑賞ランキング記

映画タイトル マ行

評価 ★★★★★
ムカデ人間2 チラシムカデ人間2 ちらし














映画 ムカデ人間2公式サイト

■ 映画ムカデ人間2のあらすじ
  ネタバレもあるので、ご注意を...。
人の肛門に別の人間の口をつなぎ、その別の人間の
肛門にまた別の人間を口をつないで、作るムカデ人間...。

ぜんそくを持ち、精神障害者のマーティン。

ムカデ人間の映画に夢中になっていたマーティンは、
いつしか映画のように自分でムカデ人間を作りたいと
思うようになっていた。

マーティンは、ムカデ人間を作るため、
自分が警備員をしている地下鉄駐車場で、
利用客を次と拉致をしていく。

そしてタランティーノの映画のオーディションがあると
偽って、ムカデ人間に出演していた
アシュリン・イェニーまでもおびきよせ、拉致をする。

イェニーを含め、若い男女、妊婦、クレームをつける中年男、
若い女性ふたりなど目標を12人を集めたマーティンは、
ムカデ人間を作り始める...。


出演:ローレンス・R・ハーヴェイさん
   アシュリン・イェニーさん他
   
エンドスタッフロール後の話 :無
――――――――
映画が面白いかというと決して面白いとは思いません。

ただエゲツなさでは、私が観た映画の中では、この作品が
ダントツで一番です。

よくこんな映画の上映が許可されたなあって思います。

前作のムカデ人間の主人公は、医者だったので、
ムカデ人間と作る時も麻酔をかけて、犠牲者が痛くないようにしたり、
健康に気を使ったりしていましたが、
今回の主人公は、医学の知識もないので、
麻酔のかわりに、バーベルでなぐって気絶させ、
ハンマーで、歯を直接なぐって、抜いたり、
脚の腱を、ナイフでえぐって切ったり、舌を抜いたりと
もうひどいのなんの普通の人は直視に耐えれないかもしれません。

あげくの果てには
バーベルで、頭をえぐった母親を席に座らせ、一緒に食事をさせたり、
下剤を拉致してきた人たちにうって、強制的に排泄させたり、
お尻の穴に生きたムカデを入れたり、
逃げるために生まれたばかりの赤ちゃんごと、アクセル踏んだり...。

白黒の映像がさらに想像力をかきたてられました。

衝撃映像に耐性があるならいいですが、そうでないなら
やめておいた方がいいですよ!

私の観ていた時も
えずいている人がいたり、何人かは映画館を出ていってしまいました。

カップルで観に行くなんてとんでもないです!!

知らない人を誘っても、誘った人からかなり非難を浴びせられるかも
しれないので、気をつけて!


前作 ムカデ人間の記事




映画タイトル マ行

評価 ★★★☆☆
メン・イン・ブラック3 チラシメン・イン・ブラック3 ちらし













映画メン・イン・ブラック3 MIB3公式サイト

■ 映画メンインブラック3のあらすじ
  ネタバレもあるので、ご注意を...。
地球に生息する異星人を監視する極秘組織「MIB」の
エージョントJとK。

刑務所より、最悪の囚人ボリスが脱走する。

ボリスは、自分を捕まえたKに、復讐するため、
タイムマシンで過去にさかのぼり、Kを抹殺するのだった。

歴史がかわったことにより、みんなの記憶からKはなくなり、
ボリスは、仲間の宇宙人達をひきつれ、地球に襲来してきた。

何故かKの記憶を亡くさなかったJは、Kを助けに
過去に戻る。

そこで出会った若き日のKとともにボリスを追うが...。

出演:ウィル・スミスさん トミー・リー・ジョーンズさん
   ジョシュ・ブローリンさん エマ・トンプソンさん他
   
エンドスタッフロール後の話 :無。
――――――――
異星人を目撃してしまった人の記憶を消した時のギャグが
今一歩、面白くなかったり、
派手なアクションシーンや、
とってつけたようなJの父親の登場での締めくくりなど
過去シリーズのような面白さや派手さには欠けますが、
そこまで退屈はせずに、最後まで楽しく観ることが出来ました。

ジョシュ・ブローリンさん、ほんとトミー・リー・ジョーンズさんと
顔の雰囲気が似ているなあと感心してしまいました。

トミー・リー・ジョーンズさんのシーンが少なすぎたのは
ちょっと残念です。



記事検索
プロフィール
ご訪問者様累計数
運営ポリシー
コメント、トラックバック大歓迎です!
各映画の評価については、
★の数で表記してます。
★★★★★
 映像も話も最高!文句なしに面白い
★★★★☆
 映像もしくは話がとてもよかった
★★★☆☆
 映像もしくは話がそこそこよかった
★★☆☆☆
 映像も話もいまいちでした
★☆☆☆☆
 最後まで観るのがつらく、つまらない