ナルニア国物語 第3章 アスラン王と魔法の島:映画ランキング★映画鑑賞ランキング記

映画ランキング★映画鑑賞ランキング記映画タイトル ナ行ナルニア国物語 第3章 アスラン王と魔法の島

映画タイトル ナ行

評価 ★★☆☆☆
ナルニア第3章ナルニア第3章2











映画 ナルニア国物語 第3章 アスラン王と魔法の島公式サイト


■ 映画ナルニア国物語 第3章 アスラン王と魔法の島のあらすじ
  ネタバレもあるので、ご注意を...。
両親と兄ピーター、姉スーザンが旅行に行っている間、
いとこのユースチスに預けられることになったエドマンドとルーシー。

意地の悪いユースチスにいじめられながら、日々を憂鬱に過ごす
エドマンドとルーシー。

ある日、部屋にかけてあった絵の海の水があふれ出し、
ユースチス、エドマンド、ルーシーは水に巻き込まれる。

溺れている3人を船で救ってくれたのはナルニアの王カスピアンだった。

こうしてカスピアンとともにカスピアンの父の友人で
行方不明になった七卿(七人の貴族)を探す旅に同行することになった
ユースチス、エドマンド、ルーシー。

離れの島で、七卿のうちの六人が人をさらう不気味な緑色の霧の正体を
探る為に出かけたことを聞いたカスピアンは、
六卿を探しに出かける。

途中、声の島で魔法使いのコリアキンより、緑色の霧は、
心の不安と恐れを実体化するくらやみ島から発せられていることを
聞かされる。

そしてアスランのテーブルに7本の剣を並べるとくらやみ島の
悪の魔法を解けること。
アスランのテーブルのある島に行くには、目印となる青い星を
見つけなくてはいけないこと。

一行は青い星を探しに出かけるが、途中、立ち寄った金水島で
ユースチスが魔法にかかってしまい、ドラゴンに姿をかえられてしまう。

なんとかアスランのテーブルのあるラマンドゥ島へ辿り着いた一行は、
最後の剣を探しに、くらやみ島へ向かうのだった。

しかし不安が実体化するくらやみ島で、オオウミヘビが実体化してしまい、
一行の乗った船に襲い掛かってくる...。

出演:ジョージ・ヘンリーさん スキャンダー・ケインズさん
   ベン・バーンズさん ウィル・ポールターさん他

スタッフロール後の話:無し
――――――――
ナルニア国物語 第3章 アスラン王と魔法の島の試写会に行ってきました。

第2章からずいぶん月日が経ってしまっていることもあって、
試写会にきている方は、そんなに多くなかったです。

肝心の映画はというと絵本がもとになっているので、
仕方がないのかもしれませんが、
突然ナルニアに主人公達が呼ばれて、そこですぐ王に助けられて、
やっぱり一緒に旅に行くことになって、あれよあれよという間に
目的地にうまくたどりついて、そして大した危機もむかえず、
悪の魔法がとけてめでたしめでたしと
なぜ7本の剣を並べる必要があるのか、
なぜオオウミヘビを思い浮かべたの?とか設定の繋がりに
ほとんど因果関係もなく、ご都合主義で話が進んでいくので、
話としては、面白いと感じませんでした。

ただ絵本を動く綺麗な映像で、
話を難しく考えずに素直に楽しくみたいということであれば
映像は、あのCGで映画映像を作ったら世界一とも言われている
技術集団のILMが映像作成にかかわっていることもあって、
炎の表現や迫力のあるオオウミヘビをはじめ、
綺麗なファンタジー感あふれる映像を大画面で観ることが出来るので、
アトラクション感覚として観る分にはとてもいいかもしれません。

ただ私の場合、映画に話としての面白さを個人的に
求めている部分があるので、二つ星とさせていただきました。





<<あしたのジョー映画ランキング★映画鑑賞ランキング記のトップへ悪魔を見た>>

コメント一覧

    • 1. Kaylee
    • 2014年03月30日 13:35
    • I’m amazed, I have to admit. Rarely do I encounter a blog that’s equally educative and engaging, and let me tell you, you’ve hit the nail on the head. The problem is something too few men and women are speaking intelligently about. Now i’m very happy that I stumbled across this in my search for something concerning this.

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
記事検索
プロフィール
ご訪問者様累計数
運営ポリシー
コメント、トラックバック大歓迎です!
各映画の評価については、
★の数で表記してます。
★★★★★
 映像も話も最高!文句なしに面白い
★★★★☆
 映像もしくは話がとてもよかった
★★★☆☆
 映像もしくは話がそこそこよかった
★★☆☆☆
 映像も話もいまいちでした
★☆☆☆☆
 最後まで観るのがつらく、つまらない