映画ランキング★映画鑑賞ランキング記

映画タイトル サ行

評価 ★★★★☆
こんばんは、ふらっぺです。

金曜日(6/30)にたまたま「戦国自衛隊1549」の映画
やっていたので、観てみました。

映画館でやっていた当時、昔の戦国自衛隊よりかなり
面白くないと酷評されていたので、ついつい観そびれて
しまっていたのですが、意外に面白かったです。

確かに昔の戦国自衛隊の方が、話の内容に筋が通っていると
いうか理論的にも納得出来る話の展開ですごく面白かったのですが
こちらの戦国自衛隊1549は、SFチックな上、サッパリとした
話の展開がまた違う味が出て、とても面白かったです。

まあ話があっさりしすぎているのと鈴木京香さんの役に
殆ど意味のないのが残念ですが、これはこれで良かったと思います。

思い切り外した魔界転生のリメイクよりずっと良かったです。





映画タイトル ア行

評価 ★★★☆☆
a3dd8142.jpgこんばんは、ふらっぺです。

映画「ウルトラヴァイオレット」
を観て来ました。
思っていたより、映画館にはたくさんの人が来ていて、
3回上映分がなんと!完売となっていました。
うーん、思ったより話題になっているんですね。

話の内容は、普通の人間が、ウィルス感染で、特異体質になった
人間(ファージ)を抹殺しようとしていて、その抵抗するファージ
の中に、バイオレット(ミラ・ジョヴヴィッチ)という女の殺し屋
がいます。

その彼女が、人間が作ったファージ抹殺兵器を盗みに行くのですが、
実はその兵器は、ただの人間の子供だったのです。

当然、ファージ達は、その子供を殺そうとするのですが、
子供を殺すことはできないとヴァイオレットは、子供と一緒に
逃げ出します。またその子供を取り返そうと人間達からも
追いかけられて...
なんかちょっとイーオンフラッグスと似てますね。
設定といい、凄腕の女殺し屋といい、特異体質な人間と普通の
人間の争うといい...

映画の展開ですが、そこまでドキドキハラハラと進んでいくって
感じではなく、ごく普通に最初から最後まで進んでいきます。

話や展開は、ごく普通ですが、とにかく映像は凄いです。
未来的なセットや普通ではありえないという非日常的な
映像に現実を忘れて、映画にのめりこむことができました。

とくにコンピューターグラフィックによる映像が凄いのですが、
たまに予算なかったのかな?と思うほど、陳腐な映像が出てきます。
これも演出のひとつかもしれませんが...

アクションシーンもともかくかっこいいです。
バイオレットの戦うシーン最高!
イーオンフラッグスより、アクションシーンは、かっこいいかもしれません。

話は、盛り上がりに欠ける部分がありますが、かっこいい凄い映像の
ある映画を観たいという人には是非、お勧めです。

スタッフスクロールの後の話はないですよ。






記事検索
プロフィール
ご訪問者様累計数
運営ポリシー
コメント、トラックバック大歓迎です!
各映画の評価については、
★の数で表記してます。
★★★★★
 映像も話も最高!文句なしに面白い
★★★★☆
 映像もしくは話がとてもよかった
★★★☆☆
 映像もしくは話がそこそこよかった
★★☆☆☆
 映像も話もいまいちでした
★☆☆☆☆
 最後まで観るのがつらく、つまらない